出典:デジタル大辞泉(小学館)

フノリ科の紅藻の総称。フクロフノリ・マフノリ・ハナフノリなどがある。主に波の荒い外海の岩などに、冬から春にかけて繁茂。体は暗紅色か黄紅色の円柱状などで、枝分かれする。板状に加工され、煮溶かして主に絹物の仕上げ糊 (のり) として用いる。また食用にし、味噌汁などに入れる。 夏》

出典:青空文庫