出典:デジタル大辞泉(小学館)

ウズベキスタン南東部の商業都市。古来シルクロードの要地。ブハラハン国の首都として繁栄。羊の飼育および羊毛加工業が盛ん。1993年に「ブハラ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。中世イスラムの伝承学者アル=ブハーリー、哲学者・医学者イブン=シーナーの生地。