出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ四]

  1. 花や葉が芽やつぼみのままである。

    1. 「卯の花の咲く月立ちぬほととぎす来鳴きとよめよ―・みたりとも」〈・四〇六六〉

    1. ㋐口の中に入れて持つ。ふくむ。

      「(玉ヲ)口に―・みて」〈・上〉

    2. ㋑内に包み持つ。

      「鶏 (とり) の子のごとくして、ほのかにして牙 (きざし) を―・めり」〈神代紀・上〉