出典:デジタル大辞泉(小学館)

ある音を、いくつかの純音が集まった複合音とみたとき、その成分としての一つ一つの純音。成分音。