出典:デジタル大辞泉(小学館)

裁判員制度による裁判方式の一。複数の事件で起訴された容疑者の裁判を事件によって分離し、審理順に裁判員を選任、有罪か無罪かを判断する。裁判官は全審理を担当し、最終審理の裁判員は裁判官とともに量刑決定に当たる。平成19年(2007)5月に裁判員法が改正されて導入が決まった。

[補説]裁判員の任期を短くするための措置。複雑に入り組んだ事件には適用されない。

[社会/法律]カテゴリの言葉