出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 打ち抜くこと。

  1. 金属板や厚紙などに型を当て、その型どおりに抜くこと。また、その道具。

  1. 芝居の大道具。樹木や障子など、物の形に作った張り物に絵を描き、舞台の背景などに用いる。

[名・形動ナリ]ありのままであること。また、そのさま。正直。
    1. 「かげひなたなく―の実事 (じつごと) はかくいてもかくれなし」〈浮・男色十寸鏡〉