出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]気がきかず、間が抜けていること。また、そのさま。へま。
  • 「自分はどんな―な事をしたのだか一向気が付かなかったが」〈漱石・文学評論〉