出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 文書を挟んで貴人に差し出すための白木の杖。長さ約1.5メートルで、先端の文書を挟む金具の部分を鳥口 (とりぐち) という。文杖 (ふづえ・ぶんじょう) 。ふみさし。ふばさみ。

  1. 読みさしの書物に挟んでおく、金・銀・象牙 (ぞうげ) 製などの薄い板。のちの栞 (しおり) の類。