出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]

  1. 足で体重をかけて上から押さえる。足であるものの上にのる。「麦を―・む」「猫のしっぽを―・む」「ブレーキを―・む」

  1. 交互に足を上げ下げする。「四股 (しこ) を―・む」「地団駄 (じだんだ) を―・む」

  1. その場に身を置く。ある場所を訪れる。「ヨーロッパの土を―・む」

  1. 実際に経験する。「場数を―・む」「初舞台を―・む」

  1. 決まったやり方に従って行う。「複雑な手続きを―・む」

  1. 守り行う。「人として―・み行うべき道」

  1. (「御百度を踏む」などの形で)お参りをする。参詣する。「願かけに御百度を―・む」

  1. 前もって見当をつける。見積もりや値ぶみなどをする。「どう―・んでも安物だ」

  1. 句の末や頭に同じ韻に属する文字を用いる。押韻する。「頭韻を―・む」

  1. 10 借金などを返さないで、相手に損害を与える。

    1. 「お前さんなんぞに借りてる物なんか、―・んで死ぬ様な吉里じゃあないからね」〈柳浪今戸心中

  1. 11 地位に就く。「帝位を―・む」

  1. 12 信用取引で、売建玉を損を承知で買い戻す。

  1. 13 足で下のものを押さえつけて前へ進む。

    1. 「雨雲を袖して分くる山―・まむとは」〈かげろふ・下〉

  1. 14 足でさぐって魚介を捕る。

    1. 「女男の分かちなく、蜆蛤―・む姿」〈浄・三日太平記〉

[可能]ふめる