出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「さる」は季節などが近づく意》冬になる。冬が来る。

「―・れば嵐の声も高砂の松につけてぞ聞くべかりける」〈拾遺・冬〉