• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

うち‐のり【内法】 の意味

  1. 容器・管・構造物や2本の柱の間などの内側のさし渡し寸法。⇔外法 (そとのり) 
  1. 敷居の上面から鴨居 (かもい) の下面までの長さ。
  • 名詞

うち‐のり【内法】の慣用句

  1. うちのりなげし【内法長押】
    • 鴨居の真上に取り付けた長押。