出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 動作・言動が遠慮深く控えめであること。また、そのさま。内気。

    1. 「気弱く万般 (よろず) ―の性質 (うまれつき) なれば」〈露伴・いさなとり〉

  1. 数量・金額を実際より少なく数えること。また、そのさま。内輪 (うちわ) 。

    1. 「―に取って新銀三百五十匁」〈浄・天の網島