出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「予」はよろこぶ意》

  1. 心中おもしろくなく思うこと。不快。

    1. 「子の顔色頗る悪し。或は恐る、―あるに非ずや」〈織田訳・花柳春話

  1. 天子、また貴人・長上の病気。不例。

    1. 「主上御―の御事と聞こえさせ給ひしかば」〈平家・一〉