ぶ‐らい【無頼】 の意味

  1. [名・形動]
  1. 正業に就かず、無法な行いをすること。また、そのさまや、そのような人。「無頼な(の)輩 (やから) 」
  1. 頼みにするところのないこと。
    • 「単孤―の独人になりて」〈十訓抄・二〉
  • 名詞

ぶ‐らい【無頼】の慣用句

  1. ぶらいかん【無頼漢】
    • 無頼な男。ならず者。ごろつき。
  1. ぶらいは【無頼派】