出典:デジタル大辞泉(小学館)

量子力学における基本定数。記号hで表し、h=6.62607015×1034J・s(ジュール秒)。これを円周率の2倍(2π)で割ったものを換算プランク定数またはディラック定数とよび、記号で表すことが多い。1900年、プランクの放射法則を説明するために導入。

[補説]2019年5月20日に施行される国際単位系(SI)の改定において、プランク定数は不確かさのない物理定数となり、質量単位であるキログラムの定義に用いられる。