出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 魔よけのために米をまき散らすこと。また、その米。散米 (さんまい) 。花米 (はなしね) 。

    1. 「―し散らしなどして、みだりがはしきに」〈・横笛〉

  1. 神前に供える米。

    1. 「御幣紙 (ごへいがみ) 、―の米程の物」〈宇治拾遺・六〉

  1. 米をいう女房詞

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉