出典:デジタル大辞泉(小学館)

世間とかけ離れた平和な別天地。桃源。桃源郷。陶淵明 (とうえんめい) 「桃花源記」によると、晋 (しん) の太元年間に、湖南武陵の人が桃林の奥の洞穴の向こうに出てみると、末の戦乱を避けた人々の子孫が住む別天地があって、世の変遷も知らずに平和に暮らしていたという。

出典:青空文庫