ぶりょくこうげき‐じたい【武力攻撃事態】 の意味

  1. 日本が外部から武力攻撃を受けている状態、または明らかに武力攻撃を受けると予想される状態をいう。
  1. [補説]武力攻撃事態法で定義されている有事に関する概念の一つ。同法では「武力攻撃が発生した事態又は武力攻撃が発生する明白な危険が切迫していると認められるに至った事態」と規定している。→武力攻撃予測事態
  • 名詞