出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. あらゆる存在物を包容する無限の空間と時間の広がり。

    1. 哲学では、秩序ある統一体と考えられる世界。コスモス。

    2. 物理学的には、存在し得る限りのすべての物質および放射を含む空間。

    3. 天文学では、あらゆる天体の存在する空間。銀河系外星雲を小宇宙、それらを包含する空間として大宇宙ということもある。

  1. 宇宙空間、特に太陽系空間のこと。「宇宙旅行」

[補説]淮南子 (えなんじ) 」斉俗訓によれば、「宇」は天地四方、「宙」は古往今来の意で、空間と時間の広がりを意味する。
[補説] 
2016年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2016」キャンペーンでの「宇宙」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆人類を電子顕微鏡下の塵のような存在だと教えてくれる空間。
ざのぴすさん

◆私たちの悩みを小さく見せてくれるもの。
フラッシュさん

◆見上げれば空に広がり、目を閉じれば自分の内に広がるもの。
大福ちゃんさん

◆少年時代、いつかは、その果てまで冒険したいと夢見る未知の世界。
mokaちゃんさん

◆頭の上に広がっていると思いがちだけど、本当は右にも左にも前にも後ろにも足元にもひろがる「全て」。
たんたこさん

◆「夢」「希望」「未来」この世界における未知がつまった場所である。
かとやんさん

◆神々の世界。
spoooookyさん

◆ロボットの戦場。
おおもりさん

出典:青空文庫

出典:gooニュース