あか‐かがち【赤酸漿】 の意味

  1. ホオズキの古名。あかがち。
    • 「眼 (まなこ) は―のごとし」〈神代紀・上〉