出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]

  1. 感情をおさえることができないで、思わず抱きつく。

    1. 「何時見てもあの女は、何だかこう水際立った、―・きたいような風をしている」〈芥川・好色〉

  1. 寒さや病気などのために身体がふるえる。

    1. 「にはかに―・きて御所中むさきよし」〈御湯殿上日記・文明一四年閏七月二九日〉