出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、風呂屋で客の垢を落とすことを業とした女。多くは私娼 (ししょう) を兼ねていた。垢掻き女。湯女 (ゆな) 。