出典:デジタル大辞泉(小学館)

漢字の構成部分で、「雄」「集」「雇」などの「隹」の称。「鳥(とりへん)」「酉(ひよみのとり)」と区別して、「舊 (ふる) 」の字の中のとりの意でいう。