出典:デジタル大辞泉(小学館)

柿渋 (かきしぶ) で赤く染めた桐油紙 (とうゆがみ) 製のカッパ。江戸時代、下級の武士などが雨や雪のときに用いた。