出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ下一][文]ふ・る[ラ下二]
    1. ㋐ある物が他の物に、瞬間的に、または軽くくっつく。ちょっとさわる。「肩に―・れる」「機雷に―・れる」「外の空気に―・れる」

    2. ㋑脈が反応する。脈拍を指先に感じる。「脈が―・れなくなる」

    3. ㋒(「耳(目)にふれる」の形で)ちょっと耳にしたり見たりする。「人の目に―・れる」「耳に―・れるうわさの数々」

    4. ㋓あることを話題にする。言及する。「食料問題に―・れる」「核心に―・れる」

    5. ㋔ある時期や物事に出あう。「折に―・れて訪れる」「事に―・れてからかわれる」

    6. ㋕規則・法律などに反する。抵触する。「学則に―・れる」「法に―・れる」

    7. ㋖怒りなどの感情を身に受ける。「勘気に―・れる」「怒りに―・れる」

    8. ㋗感動・感銘を受ける。「心の琴線に―・れる」「心に―・れる話」

    1. ㋐物に軽くくっつくようにする。「髪の毛に手を―・れる」「花に手を―・れる」

    2. ㋑広く人々に知らせる。「隣近所に―・れて回る」

  1. 食べ物にちょっと手を付ける。

    1. 「朝餉 (あさがれひ) のけしきばかり―・れさせ給ひて」〈・桐壺〉

    2. 触 (さわ) る[用法]

出典:gooニュース

出典:青空文庫