出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「室 (むろ) 」から変化した語。「風炉 (ふろ) 」からともいう》

  1. 入浴のための設備。また、その場所。湯による温浴のほか、蒸気浴・熱気浴がある。古くは、蒸気を室内に籠もらせた「蒸し風呂」が普通であったが、江戸時代初期に浴槽に湯をたたえた「水 (すい) 風呂」が生まれ、広まった。「風呂がわく」「風呂を使う」「露天風呂」

  1. ふろや。銭湯 (せんとう) 。湯屋 (ゆや) 。「風呂に行く」

  1. 1に入ること。入浴すること。「祖父は風呂が好きだ」「長風呂」

  1. 塗りおわった漆器を入れて乾かす室 (むろ) 。

  1. 鍬 (くわ) ・鋤 (すき) の柄と金具との間の木の部分。

出典:青空文庫

出典:gooニュース