出典:デジタル大辞泉(小学館)

フルオロカーボンの日本における慣用名。メタンエタンなどの炭化水素水素弗素 (ふっそ) 塩素置換した化合物の総称。無色・無臭・無毒・不燃性で化学的に安定なので、電気冷蔵庫・クーラーの冷媒やスプレー、ウレタンフォーム発泡剤半導体の洗浄剤などに使用。その一種であるクロロフルオロカーボン(CFC)は大気中に放出されると長い時間をかけて成層圏に達し、そこで紫外線によって分解されてオゾン層を破壊する。そのため使用が規制され代替フロンが登場したが、こちらも二酸化炭素よりも温室効果が高いことがわかり規制の対象となっている。フレオン(商標名)。