出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]うつく・し[シク]
  1. 色・形・音などの調和がとれていて快く感じられるさま。人の心や態度の好ましく理想的であるさまにもいう。

    1. ㋐きれいだ。あでやかだ。うるわしい。「若く―・い女性」「琴の音が―・く響く」

    2. ㋑きちんとして感じがよい。「―・い町並み」「―・い文章」

    3. ㋒清らかでまじりけがない。好ましい。「―・い友情」

  1. 妻子など、肉親をいとしく思うさま。また、小さなものを可憐に思うさま。かわいい。いとしい。愛すべきである。

    1. 「妻子 (めこ) 見ればめぐし―・し」〈・八〇〇〉

    2. 「なにもなにも、小さきものはみな―・し」〈・一五一〉
  1. りっぱである。見事だ。

    1. 「かの木の道の匠 (たくみ) の造れる、―・しきうつは物も」〈徒然・二二〉

  1. (連用形を副詞的に用いる)きれいさっぱりとしている。

    1. 「―・シウ果テタ」〈日葡

    2. 「―・しくお暇 (いとま) 取り、二度 (ふたたび) 在所へ来るやうに」〈浄・歌念仏〉
[補説]本来親しい間柄、特に親子・夫婦などの間のいたわりの愛情を表したが、のちに小さいものへの愛情を主にいうようになり、さらに一般的に心や感覚に喜びを与えるもののようすをいうようになった。
[派生]うつくしげ[形動]うつくしさ[名]
[用法]うつくしい・[用法]きれい――「美しい(きれいな)人」「きれいな(美しい)花」のように相通じて用いられるが、現代の口頭語としては「きれいだ(です)」が優勢である。「なんてきれいなのでしょう」が普通で、「なんて美しいのでしょう」はやや改まった言い方になってしまう。◇「美しい」は、「日本の美しい自然」「美しい心」などのように、心を打つ内面的な好ましさについて用いることが多く、「美しい友情」を「きれいな友情」とは普通はいわない。◇「きれい」は、「きれいに掃除する」「きれいに食べる」とかのように、外面的な清潔さ・鮮やかさの意が強い。「きれいな空気」を「美しい空気」とはいわない。◇類義語「麗 (うるわ) しい」は、「美しい」に近いが文章語的。感情や、人と人との間柄の美しさなどを表して、「彼女は御機嫌麗しい」「麗しい師弟愛」のように用いられる。