出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 文字で書かれたまとまった一連の言葉。文章。また、詩文。「巧みな文」「文をつづる」

  1. 文法上の言語単位の一。一語またはそれ以上の語からなり、ひと区切りのまとまりある考えを示すもの。文字で書くときは、ふつう「 。」(句点)でその終わりを示す。センテンス。

  1. 学芸。学問。文事。「文武両道」⇔

  1. 外見を美しくするための飾り。あや。もよう。

    1. 「すなほなるを賤しくし、―を尊ぶ故に、人、―を学でいつはり多し」〈米沢本沙石集・一〇末〉