出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 身分や分限を越えていること。分に過ぎること。また、そのさま。過分。「分外な望みをいだく」

  1. 思いのほかであること。また、そのさま。「分外に多い」

出典:青空文庫