出典:デジタル大辞泉(小学館)

6が原義》

  1. 思想や感情を、言語で表現した芸術作品。詩歌小説戯曲随筆評論など。文芸。「日記文学」「外国文学」

  1. 詩歌・小説・戯曲など文学作品を研究する学問。

  1. 自然科学社会科学以外の学問。文芸学哲学史学言語学など。「文学部」

  1. 律令制で、有品の親王に経書を講授した官吏の職名。

  1. 江戸時代の諸藩の儒官

  1. 学芸。学問。

    1. 「国に―盛んなれば、花の色を増し」〈謡・老松

[文学/その他の文学の言葉]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース