出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ下一][文]うつ・く[カ下二]《「うつ(空)」の動詞化》
  1. 気が抜けたようになる。ぼんやりする。「―・けた顔つき」

  1. 中がうつろになる。

    1. 「鹿の角のごとくして―・けたる国なり」〈熱田神宮本神功紀〉