出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安前期の勅撰漢詩集。3巻。嵯峨天皇の命により、藤原冬嗣が仲雄王 (なかおおう) ・菅原清公滋野貞主らと撰進。弘仁9年(818)成立。「凌雲集」に漏れたものやその後の作など、28人の詩140余首を収める。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉