出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 浄瑠璃の流派の一。享保(1716~1736)の末ごろ、都太夫一中の門人、宮古路国太夫(豊後掾 (ぶんごのじょう) )が京都で創始。特に江戸で流行したが、元文4年(1739)風俗を乱すとの理由で禁止された。

  1. 1およびそれから分派した常磐津 (ときわず) 節富本節清元節新内節薗八 (そのはち) 節繁太夫 (しげたゆう) 節などの総称。豊後浄瑠璃。豊後諸流。

  1. 2のうち、特に常磐津節・富本節・清元節の三派。豊後三派。豊後三流。

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉