出典:デジタル大辞泉(小学館)

異種の原子どうしに限らず、同種の原子どうしの結合によっても生じる粒子を想定して分子と名づけ、原子を分子の構成要素とする考え方。原子説の弱点を補い、気体反応の法則を説明するため、1811年にアボガドロが提唱。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉