出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸幕府が文政年間に鋳造を始めた金銀貨。二分金一朱金一朱銀の新鋳と、小判一分金二分金丁銀豆板銀二朱銀の改鋳とがある。背面に草書の「文」の字があるものを草文・草文字金銀・新文字金銀といい、新鋳の二分金は楷書を用いたので真字(真文)二分金といった。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉