出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 書籍・硯箱 (すずりばこ) などをのせる台。また、歌会や連歌・俳諧の会席で、短冊・懐紙などをのせる台。

  1. 歌比丘尼 (うたびくに) の持つ手箱。

  1. 能の作り物の一。竹で机の形を作って紅の絹ひもで巻き、所々を千鳥がけにしたもの。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉