ぶんぱ‐かつどう〔‐クワツドウ〕【分派活動】 の意味

  1. 一つの団体内部で、信条・利益などの相違から派閥をつくって、主導権を握ろうと争ったり、団体の基本方針とは別の行動をとったりすること。
  • 名詞