出典:デジタル大辞泉(小学館)

人形浄瑠璃の劇場および劇団。寛政年間(1789~1801)、淡路の植村文楽軒が大坂高津橋南詰に開いた浄瑠璃小屋が母体。明治5年(1872)松島に移転して文楽座と称した。のち、御霊神社境内、四ツ橋、道頓堀と移転、その間に経営権も松竹に移った。昭和38年(1963)文楽協会発足を機に朝日座と改称。昭和59年(1984)、国立文楽劇場が開設され廃座。現在、文楽座は劇団名として残る。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉