出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. そのものにごく近い場所、また、それへの方向を示す。近く。ほとり。あたり。

    1. 「大君の―にこそ死なめ」〈続紀・聖武・歌謡〉

  1. (多く「」と対句になって)海のほとり。うみべ。

    1. 「沖見ればとゐ波立ち―見れば白波さわく」〈・二二〇〉

[接尾]名詞、動詞の連体形の下に付く。普通「え」と発音され、また濁音化して「べ」ともなる。
  1. その辺り、その方向などの意を表す。「片 (かた) ―」「行 (ゆ) く―」「海― (うみべ) 」「水― (みずべ) 」

  1. その頃の意を表す。「去 (い) にし―」「春― (はるべ) 」「夕― (ゆうべ) 」