出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形ク]

  1. 何かに気を取られて、ぼんやりしているさま。正体もない。

    1. 「この心をも得ざらん人は、物狂ひともいへ、―・し情なしとも思へ」〈徒然・一一二〉

  1. 思慮分別のないさま。たわいない。

    1. 「心ばへなども、いかにぞや―・くて、朝夕好む事とては、犬くひ、田楽などをぞ愛しける」〈増鏡・むら時雨〉