の意味

  1. [格助]《現在では「え」と発音する》名詞に付く。
  1. 動作・作用の移動・進行する目標地点・方向を表す。…の方向に向かって。…の方へ。「西へ向かう」
    • 「今日 (けふ) 、車、京―とりにやる」〈土佐
  1. 動作・作用の行われる場所・帰着点を表す。…に。「庭へ物を捨てるな」「父も母も留守のところへ訪ねてきた」
    • 「十月十四日、関東―下着 (げちゃく) 」〈平家・八〉
  1. 動作・作用の向けられる相手・対象を表す。…に対して。…に。「父へ送った手紙」「お母さんへよろしくお伝えください」
    • 「われらが主の太政入道殿―、いかで参らであるべき」〈平家・二〉
  1. [補説]「あたり」の意を表す名詞「辺 (へ) 」から転じたもの。本来は「に」が場所や動作・作用の帰着点を静止的に指示するのに対し、「へ」は、動作・作用の向かう目標を移動的に指示する傾向が強い。しかし、平安時代末ごろから、23の用法が生まれ、「に」との境界がしだいにあいまいになる。
  • 索引から検索