出典:デジタル大辞泉(小学館)

語り物の一種。琵琶 (びわ) の伴奏によって平家物語を語るもの。鎌倉初期、盲人生仏 (しょうぶつ) が始めたという。鎌倉末期、一方 (いちかた) 八坂 (やさか) の二流に分かれ、南北朝時代に一方流に明石検校覚一が出て大いに流行した。江戸時代以降、八坂系が衰え、一方系の前田流波多野流が伝えられたが、今日は前田流を伝える人がわずかに残る。平家琵琶。平家。