出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉時代の軍記物語。流布本は12巻に灌頂巻 (かんじょうのまき) を加えたもの。信濃前司行長 (しなののぜんじゆきなが) が作ったと徒然草にはあるが、作者・成立年ともに未詳。治承~寿永期(1177~1184)の動乱を、平家一門の興亡を中心にとらえ、仏教的無常観を基調に流麗な和漢混交文で描いた叙事詩風の作品。平曲として琵琶法師によって語られ、後世の文学に大きな影響を与えた。治承物語。平語。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉