出典:デジタル大辞泉(小学館)

平城京の宮城(大内裏)。京の北部中央に位置し、東西約1.3キロ、南北約1キロで、東側に張り出し部がある。宮城内のほぼ中央に内裏、その南側に朝堂院があり、それらの周囲に諸官衙 (かんが) が建ち並んでいた。平城宮跡は平成10年(1998)「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉