出典:デジタル大辞泉(小学館)

《知識の意》インド最古の文献で、バラモン教の根本聖典。起源はアーリア民族の自然賛美の詩で、前1200~前500年の成立と推定され、リグ・サーマ・ヤジュル・アタルベの4ベーダ(祭式上の区別)から成る。内容上からジュニャーナカーンダ(哲学的、宗教的思索部門)とカルマカーンダ(施祭部門)の二つに大別される。→リグベーダ

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉