出典:デジタル大辞泉(小学館)

放射線の一。原子核β崩壊で放出される高速度の電子または陽電子の流れ。人工的にはベータトロンなどで加速して発生させる。透過力や電離作用α (アルファ) 線γ (ガンマ) 線との中間。空気中を透過するが、薄い金属板や1センチメートル程度のプラスチック板で遮蔽することができる。その際、副次的に発生するX線を遮蔽する必要がある。人体に対しては、外部被曝 (ひばく) により皮膚および皮膚深部に悪影響を与えるほか、β線を放出する放射性物質を体内に取り込んだ場合、α線ほどではないが内部被曝による被害をもたらす。