出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)《道をあけて場所をかえる意から》
  1. ひどく迷惑して、うんざりすること。嫌気がさすこと。閉口すること。「彼のわがままには辟易する」「毎日同じ料理ばかりで辟易する」

  1. 相手の勢いに圧倒されてしりごみすること。たじろぐこと。

    1. 「敵一万余騎、其の勢ひに―して」〈太平記・一四〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース