へき‐ら【×碧羅】 の意味

  1. 緑色のうすぎぬ。また、青空や緑の山をたとえていう。
  • 名詞

へき‐ら【×碧羅】の慣用句

  1. へきらのてん【碧羅の天】
    • 晴れ渡った青空。