出典:デジタル大辞泉(小学館)

集合Vの任意の二つの元xyに対して和xyが定義され、任意の元xと任意の実数αに対して積αxが定義され、この和と積に関して交換・結合・分配の法則などが成立するとき、この集合Vをベクトル空間という。線形空間。